7 CAPユニットニュース 17号 (2011/8/22)

ユニットは今…

  3月11日に起きた東日本大震災から早くも5ヶ月が経とうとしています。そこに畳み掛けるように新潟・福島を襲った豪雨…。CAPでは「暴力とは人の心とからだを傷つけること」、「暴力を受けるとは自分の安心・自信・自由の権利が奪われること」と定義づけています。今回被災された方はもちろん、日本中がそのような心理状態に陥ったような気がします。しかし、それがたとえ自然がもたらした「暴力」だったにせよ、人間はその立ちはだかる大きな壁を乗り越える力がきっとあると私は信じています。なぜなら私たち人間は有史以来そうやって困難を乗り越えて命を受け継いでこの世に存在しているからです。つい先日、北部のCAPの仲間と出会い、お話を聴く機会がありました。メディアから流れる子どもたちの笑顔は決して真実ばかりではないこと、支援側が被害者に対して不用意に心を傷つけている事態が起きていることも知りました。それに対して震災直後すぐ応援にかけつけた北部トレーナーたちの心意気・行動力に感謝をしつつ、その困難な状況から今まさに立ち上がる勇気に触れ、私自身が力を頂いた気がしました。私たちができること、それは一人でも多くのおとな、子どもにCAPを届け、「あなたは安心・自信・自由の権利があるとても大切な人」と伝えること、そしてその人の持っている力を信じ、話に耳を傾け心に寄り添って聴くこと、そのことが生きる力、回復する力となっていくのだと信じています。

 

 おかげさまでCAPユニットは設立以来この10年間に約10万人のこども・おとなにCAPを届けることができました。これもひとえに皆さまのご支援の賜物と心から感謝し御礼申し上げます。また10年を一区切りとして、心機一転新たな船出を迎えます。今後ともより一層、支援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

(門馬 乙魅)

↑ このページのトップに戻る

平成23年1月〜6月までの活動報告

以下は平成23年1月〜6月までの6ヶ月間の活動報告です。

     WS回数 対象地域
自治体からの事業委託を受けた
ワークショップ
37校
(大人37・子ども102 )
計139
東京都葛飾区・品川区・目黒区・練馬区・板橋区・
三鷹市・武蔵野市内の小・中学校
学校・諸団体からの依頼を受けた
ワークショップ

10団体
(大人9・子ども17)
計26

東京都内の保育園・幼稚園・学童クラブ・

小学校・中学校・児童養護施設等

大人46・子ども128
計174

 

↑ このページのトップに戻る

CAPユニットの歩み (平成23年1月より6月まで)

1月

  • 新宿区NPOネットワーク協議会理事会(1/12)

 

2月

  • 新宿区NPOネットワーク協議会理事会 (2/9・2/19)

  • 練馬区との打ち合わせ(2/23)

 

3月

  • CAPユニット設立10周年記念誌発行(3/1)

  • CAPユニット設立10周年記念シンポジウム(3/6)

  • 新宿区NPOネットワーク協議会理事会(3/9)

  • 葛飾区との打ち合わせ(3/24)

  • 品川区との打ち合わせ(3/30)

  • 目黒区との打ち合わせ(3/30)

 

4月

  • 新宿区NPOネットワーク協議会理事会 (4/6・4/13)

 

5月

  • 新宿区NPOネットワーク協議会理事会 (5/11・5/18)
  • 板橋区との打ち合わせ(5/23)

 

6月

  • 新宿区NPOネットワーク協議会理事会(6/8・6/15)

↑ このページのトップに戻る