7 CAPユニットニュース 15号 (2010/8/28)

ユニットは今…

ようやく涼しい風を感じるようになってまいりました。皆様、夏のお疲れは出ていらっしゃいませんか。

 

さて1〜3月を慌ただしく過ごし、4月より平成22年度が始まりました。CAPユニットでは、葛飾区、品川区、目黒区、練馬区、板橋区、武蔵野市、三鷹市からの行政依頼を受けており、一般からの依頼としてその他の学校や保育園、幼稚園、学童クラブ、児童養護施設にも出向き、たくさんの方たちにプログラムをお届けしました。1年でもっとも多忙な6・7月を、スタッフが全力を挙げ無事に終える事が出来ましたが、ホッとする間もなく8月の下旬からは既にワークショップが目白押しの状態です。

 

そんな忙しい中、ユニットの‘新人さん’たちは練習を重ね、次々と新しい役割のデビューを果たしています。その頑張りや学ぼうとする姿勢に、もはや新人と呼んでもらえなくなった私も、初心忘るべからずとの思いを強くしました。

夏には、昨年同様に理事が中心となり、行政委託を受けている自治体や、事務所のある新宿区の管轄の児童相談所・子ども家庭支援センターへの挨拶周りをしました。他から転任してきた担当の方から、CAPは素晴らしい活動なので他の地域にも是非広めていって欲しいと言われた時、もっとたくさんのそして様々な分野の方々に伝えていく努力を、私たちは怠ってはいけないと感じました。

 

9月からは運営年度が変わり、10月には総会と記念講演があります。また来年、CAPユニットは設立10周年という節目の年を迎えることになりました。3月には講演会などの記念事業を予定し、そのための準備も着々と進んでいます。皆様にお目にかかれることを、とても楽しみにしております。是非おいで下さいませ。

 

連日のうだる様な暑さとはうらはらに、度重なる虐待の報道に心が凍るような夏でした。‘すべての子どものために、すべては子どものために‘を肝に銘じ、何が出来るのか何をしなければならないのかを改めて考えさせられ、そして自分自身一日一日を大切に重ねていかなければと思った夏でもありました。

(金澤 順子)

↑ このページのトップに戻る

平成22年1月〜7月までの活動報告

以下は平成22年の1月から7月までの7ヶ月間の活動報告です。

     WS回数 対象地域
自治体からの事業委託を受けた
ワークショップ

44校

(大人40・子ども126)
計166
東京都葛飾区・品川区・目黒区・練馬区・板橋区・
三鷹市・武蔵野市内の小・中学校
学校・諸団体からの依頼を受けた
ワークショップ

15団体
(大人15・子ども32)

計47

東京都内の保育園・幼稚園・学童クラブ・

小学校・中学校・児童養護施設等

大人55・子ども158

計213
 

↑ このページのトップに戻る

CAPユニットの歩み (平成22年1月より22年7月まで)

1月

  • 新宿区NPOネットワーク協議会理事会(1/13)

2月

  • 新宿区NPOネットワーク協議会理事会(2/10)

3月

  • 品川区との打ち合わせ(3/10)
  • 新宿区NPOネットワーク協議会理事会(3/10)
  • 新宿NPOカフェ(3/13)
  • 関東連絡協議会(仮称)検討会(3/13)
  • 目黒区との打ち合わせ(3/16)
  • 東京都CAP連絡協議会(T-CAP)(3/24)
  • 葛飾区との打ち合わせ(3/26)

4月

  • 新宿区NPOネットワーク協議会理事会(4/7)
  • CAPユニット臨時総会(4/12)
  • 内部研修「演劇ワークショップ」(4/12)
  • 練馬区との打ち合わせ(4/19)
  • 板橋区との打ち合わせ(4/21)

5月

  • 新宿区NPOネットワーク協議会理事会(5/12)
  • CAPセンター・JAPAN総会(5/ 29)

6月

  • 新宿区NPOネットワーク協議会総会(6/9)

7月

  • 東京都CAP連絡協議会(T-CAP)(7/28)

↑ このページのトップに戻る