CAPユニットニュース 12号 (2009/4/27)

ユニットは今…

桜満開の新学期がスタートしました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。ある幼稚園の園庭で、子どもたちが満面の笑みで落ちた桜の花びらを両手いっぱいにすくっては撒いていましたが、きらきら輝くようにゆっくり舞い落ちる花びらのその美しいこと!! その光景に心洗われるひと時でした。

さて、CAPユニットは新宿に事務所を構えていることもあり、昨年度は通常の活動に加え、新宿区との関わりにも力を注ぎました。この号にも載っていますが、まず新宿区NPO活動資金(協働推進基金)による助成事業です。2つの小学校、1つの保育園でCAPワークショップを実施しました。これをきっかけにCAPが新宿区に広がればと願っています。

もう一つは以前から関わっている新宿NPOネットワーク協議会事業です。CAPユニットは協議会の理事になっており、区と協働して事業を進めています。協議会の主催事業については立案、企画、運営にも携わっています。具体的には区主催のふれあいフェスタに参加、新宿ハーフマラソンにはボランティアで協力しました。協議会主催のイベント方事業として、市民フォーラム「地域とNPO〜子どもが安心できるまちづくり〜」を企画しています。第一回目は昨年11月1日、文化女子大教授野口京子氏の基調講演から始まり、「問題を抱える子どもたちの現状」について非行克服支援センター、東京シューレ大学、教育委員会指導主事の方々のお話しがありました。第二回目は3月15日「いろいろな育ちを求めて不登校の子どもたちの声を聞く」と題し、東京シューレ奥地圭子氏と子どもたちのお話のあと、クラーク高校秋葉原キャンパス長、地区協議会会長、青少年育成委員会会長を交え、パネルディスカッションがありました。いろいろな人をお招きして、地域として子どもが安心できるまちづくりをともに考えるきっかけになればと思っています。第3回目は7月を予定しています。

CAPワークショップにつきましても、これまで同様、一人でも多くの子どもたちに届けられることを願い、意欲的に取り組んでまいります。  今年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

(門馬乙魅)

↑ このページのトップに戻る

平成21年1月〜3月までの活動報告

以下は平成21年度の1月より3月までの3ヶ月間の活動報告です。

     WS回数 対象地域
自治体からの事業委託を受けた
ワークショップ
13校
(大人13・子ども39) 計52
東京都葛飾区・ 品川区・
練馬区・板橋区・武蔵野市・
埼玉県和光市内小学校
学校・諸団体からの依頼を受けた
ワークショップ
13団体
(大人10・ 子ども30) 計40
東京都内の
小学校・保育園・養護施設
助成金による ワークショップ 3団体
(大人3・ 子ども5) 計 8
新宿区内小学校・ 保育園
大人26・ 子ども74 計100  

↑ このページのトップに戻る

CAPユニットの歩み (平成20年12月より21年3月まで)

12月

  • 新宿NPOネットワーク協議会理事会(12/10)
  • TCAP(東京CAP連絡協議会)会議(12/22)
  • 新宿NPOネットワーク協議会市民フォーラム打ち合わせ(12/24)

1月

  • 練馬区との打ち合わせ(1/6)
  • 新宿NPOネットワーク協議会理事会(1/14)
  • 新宿区助成事業によるCAPワークショップ開始(1/24)
  • 新宿ハーフマラソンボランティア参加(1/25)
  • 新宿NPOネットワーク協議会市民フォーラム打ち合わせ(1/25)<

2月

  • 新宿NPOネットワーク協議会理事会(2/18)
  • 新宿区助成事業によるCAPワークショップ終了(2/25)

3月

  • (新宿)新宿NPOネットワーク協議会理事会(3/11)
  • 内部研修「児童相談所の現状について」(3/14)
  • 新宿NPOネットワーク協議会市民フォーラム参加〜地域とNPO 子どもが安心できるまちづくり〜(3/15)
  • 品川区との打ち合わせ(3/16)
  • 葛飾区との打ち合わせ(3/16)
  • 目黒区との打ち合わせ(3/23)
  • 和光市との打ち合わせ(3/26)
  • TCAP(東京CAP連絡協議会)会議(3/27)
  • 埼玉交流会(3/29)
  • 新宿NPOネットワーク協議会交流サロン参加(3/31)

↑ このページのトップに戻る