CAPユニットニュース 6号

ユニットは今…1年を振り返って

昨年はユニットにとって 成長の年でした。葛飾区の中学校でのモデル実施。品川区と目黒区では、実施学年が増えました。更に練馬区でのCAPの取り組みも始まり、依頼が増える中、スタッフもフル回転で駆け回る日々が続いたわけです。
また、CAPへの期待を感じた1年でもありました。NHKラジオの取材他、雑誌などからの依頼も増え、この活動への多方面からの関心を実感。
その中で06年12月と07年1月に6日間をかけて行われたスペシャリスト養成講座を CAPかわさき・CAP東埼玉と共にサポートしたことはユニットにとって かけがえのない体験でした。この会場から新しいスペシャリストが生まれ、それぞれの地域で活動する!そのお手伝いができたのです。ユニットにも何名かが入会し、子どもたちに また大人の方にこのプログラムを届けるための第1歩を踏み出しています。

いろいろな事件があり、その時々にCAPは「危険防止(不審者から身を守る)プログラム」や「いじめ防止プログラム」と解釈されてきました。しかしCAPは「子どもへの暴力防止プログラム」です。さまざまな暴力の根っこはつながっていて、でも見えにくい。そして事例だけが声高に取り上げられて本質をぼかしてしまう。私たちは対処療法的な防止策ではなく、どうしたら暴力をなくしていけるかの根本を 自分に問い続けていきたいと思っています。

(理事:栗田 みえ子)

↑ このページのトップに戻る

平成18年度の理事紹介

少しまぎらわしいのですが、NPO法人CAPユニットの年度は9月始まり、8月締めとなっています。したがって、NPOとしての4期目 平成18年度は昨年9月より始まっています。
今期の理事は、以下のスタッフが担うことになりました。どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 代表   門馬 乙魅
  • 副代表  河野 葉子
  • 理事   栗田 みえ子
  • 理事   松丸 麻美

↑ このページのトップに戻る

平成18年9月〜12月までの活動報告

以下は平成18年度の9月より12月までの4ヶ月間の活動報告です。

    

WS回数

対象地域

自治体からの事業委託を受けたワークショップ

139
(35校1団体)

東京都葛飾区・品川区・目黒区・練馬区・武蔵野市・三鷹市・埼玉県和光市内小学校ほか

学校・諸団体からの依頼を受けたワークショップ

 48
(16団体)

東京都内・関東近県の小学校・幼稚園・保育園・養護施設ほか

他団体から講師派遣の依頼を受けたワークショップ

21
(10団体)

神奈川県川崎市

208

 

↑ このページのトップに戻る

CAPユニットの歩み

(平成18年9月より12月まで) 

9月

  • CAP児童養護施設プログラム説明会(CAPセンター・JAPAN主催)担当
  • 人材養成制度改正説明会(CAPセンター・JAPAN主催)出席
  • 新宿区NPOネットワーク協議会理事会出席

10月

  • 新宿区NPOネットワーク協議会理事会出席
  • 新宿区ふれあいフェスタ出展

11月

  • 葛飾区中学ワークショップ次年度の話し合い
  • 平成18年度総会開催
  • 新宿区NPOネットワーク協議会理事会及び懇親会出席
  • NHKラジオ第1・国際放送取材

12月

  • NHKラジオ土曜ジャーナル「相次ぐいじめ自殺〜今防げる手立ては何か〜」放送
  • CAPスペシャリスト養成講座(CAPセンタ−・JAPAN主催)サポート

↑ このページのトップに戻る