CAPプログラムについて

 アメリカで1978年に開発されたCAP=Child Assault Preventionは <子どもへの暴力防止>という意味です。
CAPプログラムでは、まず私たち一人一人が持っている<生きていくためにどうしても必要なもの>である、 権利について学びます。
子どもは、みんな<安心して、自信をもって、自由に生きる権利>があるということを伝え、 そして、その権利を奪ってしまういじめ、誘拐、性暴力といった様々な<暴力>から 自分を守るためにどんなことができるかを、子どもたちとともに考え、 また、親、教職員、地域の人々に伝えていくプログラムです。

CAPプログラムの方法

 子どもには子ども向けのプログラム、おとなにはおとな向けのプログラムを受講してもらいます。子ども向けは子どもが恐がらずに学べるように工夫されてあり、参加体験型<ワークショップ>形式をとります。おとな向けも、子どもを援助していく方法をロールプレイ(役割劇)などで体験しながら実践的に学べます。

↑ このページのトップに戻る

CAPプログラムの特徴

  • 子どもが自分で自分の身を守っていけるよう楽しみながら学習できる
  • 学校の授業の中でできるように作られている
  • 人権意識を伝える
  • エンパワメントの考え方が根底にある
  • 地域との連携を提案

↑ このページのトップに戻る

権利について

すべての人が持っている大切な3つの権利
安心する権利 自信を持つ権利 自由に生きる権利
私たちの大切な権利がとられそうになったときには、なにができるかな?
No ( いやだ ) Go ( にげる ) Tell ( そうだん )

↑ このページのトップに戻る

日本での広がり・・・

 1985年に森田ゆりさんが紹介して以来、現在北海道から沖縄まで、130以上の団体が、 養成を受けたCAPスペシャリストとして活動中。各団体は、それぞれ独立しているが、 地域ごとにネットワークを組み暴力防止に取り組んでいます。

↑ このページのトップに戻る

CAPプログラムの考え方

CAPプログラムでは3つの大きな柱があります。

エンパワメント 人権意識 地域(コミュニティ)

子どもが自分を守る力を育む<エンパワメント>の考え方
すべて人が本来もっている内なる力、素晴らしい能力信じ、自己決定、行動する力を 育む関わりの持ち方をエンパワメントとよんでいます。
CAPプログラムは、子どもをおとなが守るべき弱い存在だ、と考えるのではなく 、不安で困難な状況にあっても子ども自身の問題を解決する力を信じ、 その力に寄り添い、発揮しやすいように働きかける、 この<エンパワメント>の考え方が基になっているのです。

人権意識
CAPプログラムでは、子どもたちにも <生きていくためにどうしても必要なもの>として 権利を伝えています。CAPで伝えている 権利とは人間が生まれながらにして 誰しも保障されるべき基本的人権のことです。
自分たちが価値のある大切な存在なのだと子どもたちが認識していなければ、自分の身を守るための知識や具体的な技術をどんなに伝えたとしても、 使うことは難しいのです。
自分を大切に思える心があるからこそ、人も大切にできる−これが人権意識にほかなりません。

コミュニティ(地域の連携)
CAPでは、子どもたちが安心して暮らしていくためには、地域のおとなたちの連携や子どもたちに対する サポートが不可欠だと考えます。 おとな向けのプログラムでは、エンパワメントの関わりや人権意識について、 また、暴力に対する知識、情報、子どもをサポートする方法を一緒に考えます。

参考図書

  • 『日本のCAP』 CAPセンターJAPAN 発行
  • 『「ノー」をいえる子どもに-CAP』S・クーパー著 童話館出版
  • 『子どもと暴力』 森田ゆり著 岩波書店
  • 『あなたが守る あなたの心 あなたのからだ』 森田ゆり著 童話館出版
  • 『CAPへの招待』CAPセンターJapan 編集

↑ このページのトップに戻る