NPO法人CAPユニットについて


CAPユニットは、より広く、多くのみなさんと連携していきたいと願い、2004年6月21日より特定非営利活動の法人格を取得し、NPO法人CAPユニットとして、再スタートしました。
開かれた団体として、社会的な信頼を得られる運営を目指します。
活動は関東を中心に、各地の幼稚園、保育園、小学校の授業や、児童養護施設、PTA家庭教育学級、教職員研修、社会事業などの依頼を受けて、CAPワークショップの提供をしています。

代表あいさつはこちら

CAPユニットの歩み

2001年4月
  • 東京都新宿区に事務所開設
  • NPO法人CAPセンター・JAPANに登録
  • 葛飾区教育委員会委託事業
2002年1月〜2月
  • グループ内養成講座実施
2004年6月21日
  • NPO法人CAPユニット設立
2004年12月〜2005年2月
  • 独立行政法人福祉医療機構による助成事業実施
    (公募形式によるCAPワークショップを都内5校にて提供)
2005年5月
  • グループ内養成講座実施
2006年
  • 新宿区NPOネットワーク協議会設立に参画し、理事となる
  • CAPセンター・JAPAN主催の養成講座のサポートを担当
2007年
  • 総会記念講演会「ちいおばさんの人形劇と語り」を開催
  • 就学前プログラムのおとな向け公開ワークショップ及び、小学生プログラムのおとな向けと子ども向け公開ワークショップを開催
2008年
  • 新宿区NPO活動資金(協働推進基金)助成による「CAP子どもへの暴力防止プログラム提供事業」を実施
  • 総会記念講演会「子どものたしかな支援者になるために」を開催
2009年
  • 総会記念講演会「ハンナのかばん〜悲しみを希望にかえて」を実施
  • 日本子ども虐待防止学会埼玉大会においてパネル展示
2010年
  • 総会記念講演会「ぼくは8歳、エイズと生きていく、ぼくの話を聞いて」開催
2011年
  • 設立10周年シンポジウム「ダメな子って言わないで!〜発達障がいの理解と共生〜」開催
  • 設立10周年記念誌発行
  • 河野葉子が代表理事に就任
現在
  • 東京、埼玉、神奈川に在住のスタッフ27名で、現在活動中
  • 葛飾、品川、練馬の教育委員会委託事業
  • 都内、東京近郊の地域の小学校、学童、幼稚園、保育園、中学校、児童養護施設、特別支援学校等でCAPワークショップを提供

↑ このページのトップに戻る

CAPユニットの目的

 子どもと子どもに関わる一般市民に対して、子どもへの暴力や虐待等の防止に有効な対策 の一つであるCAP(Child Assault Prevention 子どもへの暴力防止)プログラムを提供し、 暴力防止に関する知識や情報を知らせる啓発事業を行うことで、子どもの人権確立と、 全ての人が安全かつ健康に暮らせる社会の形成に寄与することを目的とする。

NPO法人CAPユニット定款よりー

↑ このページのトップに戻る

事業内容

  • CAP(子どもへの暴力防止)プログラムの提供
  • 人権教育、暴力防止教育を目的とした学習会の開催
  • 子どもへの暴力や虐待の防止に関わる関連団体や行政、教育機関との情報交換及びネットワーク作り
  • プログラムを提供する講師の養成
  • CAPワークショップの自主企画 など

↑ このページのトップに戻る

正会員 賛助会員 募集中

正会員
入会金 5000円 年会費(次年度より) 5000円
総会での議決権を有し、運営や活動に参加できます。
賛助会員
入会金 個人 一口 1000円 団体 一口 5000円(一口以上)
年会費(次年度より)個人 一口 1000円 団体 一口 5000円(一口以上)
年2回、通信誌をお届けします
郵便振替口座
口座番号 00120-9-556057
口座名称 特定非営利活動法人 CAPユニット
入会希望の方は、事務所までお問い合わせください。

↑ このページのトップに戻る